RACING PROJECT BANDOH 公式ホームページへようこそ。

このホームページを正常に表示するには、Javascript を有効にする必要があります。お使いのブラウザでは、Javascript が無効になっているか、サポートされておりません。
正常に表示するには、ブラウザのオプションを変更してJavascriptを有効にし、再度読み込んでください。
もしくは、Javascript対応のブラウザで見るようにしてください。

なお、携帯電話などの携帯端末では、表示出来ません。

Round.5 FUJI RACE REPORT


2017 AUTO BACS SUPER GT [FUJI GT 300km RACE]

1144953 1 2x 1144953 2 2x 1144953 3 2x 1144953 4 2x 1144953 5 2x 1144953 6 2x 1144953 7 2x 1144953 8 2x 1144953 9 2x 1144953 10 2x 1144953 11 2x 1144953 12 2x
  • 1144953 1 2x
  • 1144953 2 2x
  • 1144953 3 2x
  • 1144953 4 2x
  • 1144953 5 2x
  • 1144953 6 2x
  • 1144953 7 2x
  • 1144953 8 2x
  • 1144953 9 2x
  • 1144953 10 2x
  • 1144953 11 2x
  • 1144953 12 2x

■開催日:2017年 8月 5日〜 8月 6日
■コース:富士スピードウェイ(全長4.563km)
■天候:<予選> 曇 <決勝> 曇
■路面コンディション:<予選>ドライ <決勝>ドライ
■チーム:LEXUS TEAM WedsSport BANDOH
■車名:WedsSport ADVAN RC F
■ドライバー:関口 雄飛/ 国本 雄資
■監督:坂東 正敬
■観客動員数:予選 21,600人/ 決勝 33,500人


SUPER GT 第5戦が静岡県の富士スピードウェイで行われた。シリーズは中盤に入り、開幕からこの富士までLEXUS4連勝を成し遂げてきた。LEXUS(トヨタ)のホームとなる富士スピードウェイでの5連勝を期待される中、レースは行われた。

LEXUS TEAM WedsSport BANDOHは、予選では、照準を合わせきれず14位と苦汁をなめる結果となるが、決勝では7台を抜き、7位でフィニッシュ。予選の雪辱を果たした。

予選 [FUJI GT 300km RACE]

■ 8月 5日(土)予選 【14位/1分30秒189】

天候:晴 | コース:ドライ | 気温 27℃ | 路面温度 35℃


夏休みの真最中とあって、大勢の観客が富士スピードウェイに詰めかけた。週末の雨予報は外れて、絶好のレース日和となった。
午前中に行われたフリー走行では、トップタイムをたたき出した19号車WedsSport ADVAN LC500。スケジュールは順調に進み、予定通りGT500クラスのQ1が14時55分から始まった。
始まってすぐには動きを見せない500クラスのQ1。開始5分で先陣を切って動いたのは国本選手が操る19号車 WedsSport ADVAN LC500。続いて64号車がコースに入るとその1分後には次々とアタックを開始。1ラップごとにタイムを刻み、残り2分を切ったところで、1分29秒台で、トップに23号車が立つと、目まぐるしく順位が入れ替わる。
19号車WedsSport ADVAN LC500も6ラップ目に1分30秒189までタイムを刻むが、惜しくも14位という結果に甘んじてしまう。


トップは23号車1分29秒423。トップから8位の17号車(Q2進出)までのタイム差が0.352秒。トップから14位の19号車のタイム差が0.766秒と非常に厳しいQ1となった。
午前中に行われたフリー走行では、トップタイムをたたき出していた19号車WedsSport ADVAN LC500のパフォーマンスの高さは実証済みだっただけに悔しい予選となったが、追い上げを期待し明日の決勝に備えた。


Q2の結果、ポールポジションは8号車ARTA NSX-GT、2位23号車MOTUL AUTECH GT-R、3位36号車au TOM'S LC500と3メーカーがきれいに並んだ。


予選後の監督・ドライバーコメント


関口 雄飛選手



国本 雄資選手



坂東 正敬監督



予選順位

8月 6日(土) 14:55〜
天気:曇|路面:ドライ

Po No Machine Driver
Q1 Q2 Tire WH
1 8
S
ARTA NSX-GT
Honda NSX GT / HR-417E
野尻 智紀
小林 崇志

1'29.758
1'29.104

BS 20
2 23
S
MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A
松田 次生
ロニー・クインタレッリ
1'29.423


1'29.475
MI 52
3 36
S
au TOM'S LC500
LEXUS LC500 / RI4AG
中嶋 一貴
ジェームス・ロシター
1'29.733


1'29.591
BS 72
4 17
S
KEIHIN NSX-GT
Honda NSX GT / HR-417E
塚越 広大
小暮 卓史

1'29.775
1'29.618

BS 36
5 24
S
フォーラムエンジニアリングADVAN GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A
佐々木 大樹
J.P.デ・オリベイラ

1'29.667
1'29.851

YH 6
6 38
S
ZENT CERUMO LC500
LEXUS LC500 / RI4AG
立川 祐路
石浦 宏明

1'29.742
1'29.934

BS 60
7 37
S
KeePer TOM'S LC500
LEXUS LC500 / RI4AG
平川 亮
ニック・キャシディ
1'29.534


1'30.059
BS 74
8 46
S
S Road CRAFTSPORTS GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A
本山 哲
千代 勝正

1'29.520
1'30.777

MI 46
9 1
S
DENSO KOBELCO SARD LC500
LEXUS LC500 / RI4AG
ヘイキ・コバライネン
平手 晃平
1'29.921



BS 70
10 12
S
カルソニック IMPUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A
安田 裕信
ヤン・マーデンボロー
1'29.964



BS 14
11 6
S
WAKO'S 4CR LC500
LEXUS LC500 / RI4AG
大嶋 和也
A.カルダレッリ
1'29.985



BS 82
12 16
S
MOTUL MUGEN NSX-GT
Honda NSX GT / HR-417E
武藤 英紀
中嶋 大祐
1'30.005



YH 14
13 64
S
Epson Modulo NSX-GT
Honda NSX GT / HR-417E
ベルトラン・バゲット
松浦 孝亮
1'30.045



DL 6
14 19
S
WedsSport ADVAN LC500
LEXUS LC500 / RI4AG
関口 雄飛
国本 雄資

1'30.189


YH 18
15 100
S
RAYBRIG NSX-GT
Honda NSX GT / HR-417E
山本 尚貴
伊沢 拓也

1'30.322


BS 38
GT500 以上予選通過


ノックアウト方式予選により順位を決定


タイヤ=BS:ブリヂストン/DL:ダンロップ/MI:ミシュラン/YH:ヨコハマ

WH=ウェイトハンディキャップ(kg)

車名の後ろのS:シード権車両=シード権車両は、全ての参加条件が満たされている限り決勝レースへの出場が保証される。


Q1 開始時刻: 14:55'00/終了時刻 : 15:10'00

Q2 開始時刻: 15:40'00/終了時刻 : 15:52'00


決勝 [FUJI GT 300km RACE]

■ 8月 6日(水)決勝【7 位】

天候:曇 | コース:ドライ | 気温 29℃ | 路面温度 36℃


真夏の暑さが精鋭たちを出迎えるように、厳しい日差しが降り注ぐ富士スピードウェイ。
決勝前には、LEXUSがパートナーを務めるレッドブルエアレースに参戦中の室谷選手がアクロバット飛行を披露し、これから始まる決勝レースに華を添えた。
昨日の予選で悔しい結果となった19号車WedsSport ADVAN LC500のスタートドライバーは関口雄飛選手だ。


真夏の暑さを避けて、15時25分から交通機動隊によるパレードラップからフォーメーションラップへ移行し、最終コーナーから500クラスの先頭が蜃気楼の中から徐々に姿を現すと、シグナルが赤から青へ。エキゾーストサウンドが一気に響き渡り決勝の幕が上がった。
オープニングラップは全車きれいにレースを展開。19号車WedsSport ADVAN LC500 を操る関口選手は早くも2ラップ目には64号車を交わし13位へ。続いて6ラップ目には1号車と16号車を相次いでオーバーテイクし19号車WedsSport ADVAN LC500を11位まで追い上げると、アグレッシブな走りで10ラップ目には、6号車と46号車を交わし、9位に。11周で5台を抜く力走を見せる関口選手。
その後も前の12号車とテールtoノーズの攻防戦が続くが両者1歩も引かないレース展開に場内カメラは12号車と19号車の肉薄した接近戦を追いつづける。
そして、レースも1/3を消化した23ラップ目あたりから徐々にピット作業に入るライバルが現れる。
19号車WedsSport ADVAN LC500はライバルのピットインの合間にポジションが3位まであがり、32ラップ目にピットイン。


19号車WedsSport ADVAN LC500のバトンを受け取った国本選手が戦列に復帰。コースに戻った段階では11位にポジションを構えた19号車WedsSport ADVAN LC500だったが、一連のピット作業が終わった段階では、10位にポジションを置きレースを展開。そして国本選手も果敢にレースを展開し前を行く1号車に徐々に詰め寄り37ラップ目に1コーナーでオーバーテイク。9位へ上がる。
しかし、19号車の前を行く6号車を頭に数珠つなぎのレース展開は息を飲むような接近戦となる。
しかし、48ラップ目には7位を走行中の24号車が急にペースダウンしポジションを大きく落とす。19号車WedsSport ADVAN LC500を操る国本選手は8位へポジションをアップ。今度は7位争いが激化するが、53ラップ目に、一瞬のすきを突き6号車をオーバーテイクし、7位へポジションをアップ。
レース終盤にきても速さを見せつけ、残りの周回も手を抜くことはなく果敢にレースを展開し、7位でゴールラインをくぐった。


優勝は一回もトップを譲ることなく8号車ARTA NSX-GT。2位23号車MOTUL AUTECH GT-R、3位ZENT CERUMO LC500という結果で、第5戦の幕を閉じた。



決勝後のコメント


関口 雄飛選手

14位からスタートしたので、まずまずでした。しかしウエイト差や燃リス(燃料リストリクター)を考えると本来はもっと上のポジションにいないとおかしいと思います。
僕たちがもっともっと速くならないといけないということが解りました。
次の鈴鹿では優勝目指しで頑張りますので、応援宜しくお願いします。



国本 雄資選手

関口選手からスタートして後半を僕が担当しました。 1号車、24号車、6号車をオーバーテイクしてレースを終えることができたんですが、大変なスティントでした。
思ったような車のバランスじゃなかったし、パフォーマンスもすごく高い訳じゃなかったので厳しかったです。でも何とかポイントを取れたことはポジティブですし、しっかり走り切ってデータを持ち帰ったことは次につながると思います。
次の鈴鹿は長い1000kmレースなのでチーム一丸となって頑張りますので応援お願いします。



坂東 正敬監督

決勝7位はまずまずの結果なんですが、僕らが目指しているのは勝利なので厳しい結果となりました。
ただ、沢山の応援の声、スポンサーさんのおかげで7位フィニッシュできたと思います。今、足りないものを課題に頑張って行こうと思います。
今日は沢山の応援をありがとうございました。次の鈴鹿は可夢偉もくるのでドライバー三人で頑張ります。



決勝順位

8月 7日(水) 15:30〜(66Lap)
天気:曇|路面:ドライ|気温:29℃|路温:36℃

Po No Machine Driver
Lap Best Lap Time&Diff Tire WH
1 8 ARTA NSX-GT
Honda NSX GT / HR-417E
野尻 智紀
小林 崇志
66 1'31.851 1:44'39.955 BS 20
2 23 MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A
松田 次生
ロニー・クインタレッリ
66 1'32.351 1.530 MI 52
3 38 ZENT CERUMO LC500
LEXUS LC500 / RI4AG
立川 祐路
石浦 宏明
66 1'32.391 2.203 BS 60
4 36 au TOM'S LC500
LEXUS LC500 / RI4AG
中嶋 一貴
ジェームス・ロシター
66 1'32.765 13.300 BS 72
5 12 カルソニック IMPUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A
安田 裕信
ヤン・マーデンボロー
66 1'32.551 14.938 BS 14
6 37 KeePer TOM'S LC500
LEXUS LC500 / RI4AG
平川 亮
ニック・キャシディ
66 1'32.539 15.244 BS 74
7 19 WedsSport ADVAN LC500
LEXUS LC500 / RI4AG
関口 雄飛
国本 雄資
66 1'32.481 19.525 YH 18
8 100 RAYBRIG NSX-GT
Honda NSX GT / HR-417E
山本 尚貴
伊沢 拓也
66 1'31.883 19.603 BS 38
9 6 WAKO'S 4CR LC500
LEXUS LC500 / RI4AG
大嶋 和也
A.カルダレッリ
66 1'32.342 19.666 BS 82
10 1 DENSO KOBELCO SARD LC500
LEXUS LC500 / RI4AG
ヘイキ・コバライネン
平手 晃平
66 1'33.026 22.480 BS 70
11 46 S Road CRAFTSPORTS GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A
本山 哲
千代 勝正
66 1'32.651 58.928 MI 46
12 64 Epson Modulo NSX-GT
Honda NSX GT / HR-417E
ベルトラン・バゲット
松浦 孝亮
66 1'33.016 1'04.652 DL 6
13 24 フォーラムエンジニアリングADVAN GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A
佐々木 大樹
J.P.デ・オリベイラ
52 1'32.673 14Laps YH 6
GT500 規定周回数:46
16 MOTUL MUGEN NSX-GT
Honda NSX GT / HR-417E
武藤 英紀
中嶋 大祐
45 1'32.831 21Laps YH 14
17 KEIHIN NSX-GT
Honda NSX GT / HR-417E
塚越 広大
小暮 卓史
30 1'32.613 36Laps BS 36


タイヤ=BS:ブリヂストン/DL:ダンロップ/MI:ミシュラン/YH:ヨコハマ

WH=ウェイトハンディキャップ(kg)


規定周回数 : 66Laps

開始時刻 : 15:33'08/終了時刻 : 17:17'47

出走台数 : 15台/完走台数 : 13台


ファステストラップ : 1'31.851 No.8 ARTA NSX-GT/野尻 智紀

白黒旗提示 No.17 塚越広大、No.36 中嶋一貴